2016年10月18日

デベダッチョ!

ピヨの避妊手術の日程を予約してきました。
私の年末年始休暇が一週間あるので、その初日です。
病院に1泊して翌日の午前中には迎えに行き、あとは暖かい部屋でゆっくり看病できる予定です。

最後の悪あがきで「腹腔鏡手術が出来ないか?」相談してみましたが、ピヨよりもっと身体の大きい子推奨だそうで、それでもどうしても腹腔鏡手術がしたければ、そういう専門的な手術のできる病院で…という話でしたので、スッパリ諦めていつもの近所の病院の、ずっとピヨを診てくれてきた先生に開腹手術してもらうという当たり前のところに落ち着きました。

「全身麻酔…ですよね」
じゃあじゃあ先生!
「この子、最初に迎えたとき“デベソ”“ソケイヘルニア”あるので、避妊手術のときに一緒にやってと言われてたんですよ!」

先生「え、そう?全然わかんないけど」
シャンプーのついでに改めてよくみてくれて…
よくみた先生曰く、「どっちもほんのちょっとだね〜。手術するほどでもないかな〜?」

デベソもヘルニアも、成長の過程でほとんど問題なくなっているそうで、「手術が必要なデベソは親指の先くらい出てる」とか、その場合なぜ手術が必要かなどいろいろ教えてくれて、ソケイヘルニアも麻酔かけて全身の力が抜けてからもう1度よく診て決めるけど、まぁ大丈夫でしょうと。
デベソについては1cmくらい長めに切って整形するだけだから気になるようならやっちゃう?…レベル。
一緒にやらないとマズイような深刻さは消えていて、ホッとしました。

あとせっかく全身麻酔するなら歯石もとってもらおうかな、と。
「歯ミガキは頑張ってやってますが、裏まではみがけてませんから」と言ったら、「まだ歯石はついてないでしょうけどみておきます」と笑われました。
1回の全身麻酔をフル活用しようとしているのがバレバレです

1.JPG
先生と話したいろいろを帰ってきたおとうさんに報告。

2.JPG
「ピヨのデベソとヘルニアのことだけどね…」
「ヘルニアなんかあったっけ?」
「あったよ、脱腸、もう問題なさそうだけど」
「で、そのデベソとダッチョウが…」
デベとダッチョが?」
「そうそのデベダッチョがね〜」
「ピヨ、デベダッチョなの?!」
話が進まない!!
でいうか、デベダッチョって言葉がチェケラッチョみたいで楽しくなってきちゃった!
“全身麻酔 Check it out,yo!”

3.JPG

それからしばらくデベダッチョさんと呼ばれ、拗ねていました。
4.JPG
「なんとなく、バカにされてるのはわかる」

笑ってられるのも今のうち…。
初めての一人(匹)で1泊…「病院にお布団持っていって泊まらせてもらおうかな?」とT畑さんのようなことを会社で呟いたら、「よそのワンちゃんネコちゃんが寝れないからやめてくださいよ」とみんなに窘められています…。
おとうさんなんてお百度を踏むんじゃないかな〜?と予想しています。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

かわいいペットの急な病気に備えて!!



レンジでチンしてぽっかぽか ドットブラウン(1コ入)【ドギーマン(Doggy Man)】[ペットヒーター 犬 湯たんぽ レンジ ペット 猫]【送料無料】

価格:2,680円
(2016/10/18 11:52時点)
感想(6件)


posted by ゆーゆー(ピヨの育てのおかあさん) at 12:03| Comment(5) | ピヨ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする