2016年10月21日

ほめことば

ワンコを連れて歩いていて、知らない人からでも何かしらの言葉をかけていただけるのは嬉しいものです。
それがほめ言葉ならなおさら。

ワンコを飼ったことのない人からと、飼っている人(飼っていた人)からでは、その言葉の重みもちょっと違って思えます。

特に、飼っている(た)方は、犬の方に話しかけてくれることが多い気がします。

ピヨを迎えて散歩に出るようになってこれまでの2年半で、とても嬉しかったのは、愛犬を寿命で亡くされたお婆さんが、ピヨの高さまでかがみこんで、「すごく大事にされてるのね」と言ってくださったこと。
優しい言葉だな〜と、ジーンと来ました。
まだお散歩出始めで、リードを噛んで上手に歩けないし、バタバタバタバタしていて、「あーもう!」って思うこともあった頃だけど、「とても大事にしていることはわかる人にはわかるんだ!」ってやる気が出ました。

そして、つい最近。
同じ病院でシャンプーしていると、サイクルが合って、なんだか毎回会うことになるワンちゃんがいます。

18歳、目は両方とも真っ白で見えません。毛もほとんど抜けていて、体格や耳の形から察するに多分、ミニチュアシュナウザー。

自然と飼い主さんともお話するようになるのですが、
「目は全然見えなくなっちゃったけど、まだまだ食欲もあるし、ここで炭酸泉に入ると皮膚の調子もよくて」と。「高齢でも目が白くなっていない子もいるのにね」と、少し自分を責めるような発言も。。
でも、私からすれば大先輩飼い主さんなわけです。

その方が、ピヨに
「とてもよくお話するのね」と言ってくれたんです!
なんでしょう、すごく嬉しいほめ言葉です。

0.JPG
また別の日。よくすれ違うビーグルがいて、その姿を遠くに発見したときにチラリと私を見たピヨ。
その飼い主さんに、「なんでもおかあさんに相談するのね〜」と笑って言われました。
鳥や猫がいても、「追っかけてみる?」ってこっちを見ることが多いです。(いや、おかあさんは追っかけないけどね?)
何もいなくてもこっちを見るときは、何が言いたいのか逆に興味深いです。

1.JPG
で…なんでそういう言葉が嬉しいのか?
「可愛いワンちゃんね〜」「お利口さんね〜」とほめられるより、「おかあさんとの関係がすごくいいのね〜」と言われているからでしょう。

3.JPG

1日のうち1回は「お話タイム」を作って、膝の上にこっち向いて人間の子どものように座るピヨと話すようにしているので、その成果が出ているのかな〜?

4.JPG
お散歩のときも、「信号が赤だから止まってね」とか「今日は少し寒いね、何℃になると思う?」とか、何でも話しかけるようにしています。ピヨはその都度ちゃんとこちらを見るお利口さんです。
知らない人からみれば、ただの独り言おばさんですけど!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【送料無料】ペット用湯たんぽ 犬用 猫用 湯たんぽ 可愛い ぬいぐるみタイプ 暖かい 保温 コードレス湯たんぽ ピンク/オフホワイト/グレー【02P28Sep16】【02P01Oct16】

価格:1,980円
(2016/10/21 12:21時点)
感想(0件)




【30】 [2016年 冬] ドギーマン 犬/猫用 レンジでチンしてぽっかぽか ドットブラウン レンジ用パック/専用カバー付き ベッド あったか 加熱式 湯たんぽ

価格:2,479円
(2016/10/21 12:23時点)
感想(3件)



posted by ゆーゆー(ピヨの育てのおかあさん) at 12:32| Comment(0) | ピヨ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする