2018年06月14日

贅沢な薔薇の散歩道(伊豆旅行2018-G)

1.JPG
フランス式庭園へ。

2.JPG
ここからは有料ですが…犬は無料です
人もネット割引が利用できますよ〜。

2-2.JPG
マナーを守れば、リードで一緒にお散歩できるんです!

3.JPG
入ってまず左手に『モネゆかりの睡蓮』という看板が…。

パリのバガテル公園の池から提供された睡蓮を描いたのが、あの有名な『モネの睡蓮』なのですが、その睡蓮が河津バガテル公園にも植栽されているのです。

4.JPG
まぁ、日中は咲かないんですけどね。。
睡蓮目当ての方は、午前中に!

5.JPG
もうバラの香りが漂ってきました。

6.JPG
右手にオランジェリー

7.JPG
3ヘクタールの広さに1100品種、6000株のバラが植栽されています。

8.JPG
4月の早咲きのオールドローズに始まり、5月から11月にかけて気品あふれる香りを漂わせながら、美しく咲くモダンローズの数々には、バガテル国際バラ新種コンクールで受賞した品種も多く含まれており、一般のお客さんだけでなく、バラに詳しい愛好者の方々に高い評価を受けています。

9.JPG
実はゆーゆーは二度目の訪問なのですが、その時は仕事だったしバラの時期ではなく、こんなに咲き誇った状態をゆっくり見ることはできなかったんですね…。はじめて来園したおとうさんも、その鮮やかさにビックリしていました。

10.JPG
世界の王室・皇室にちなんだバラのロイヤルコーナーもあります。

11.JPG
「バラはやっぱり赤がいいね〜」なんて話しながらお散歩。

12.JPG
一番端っこに、“海が見える丘”がありました。

13.JPG
この二日間、たくさん遊んだ伊豆の海が見えるね〜

14.JPG
振り返った景色がまた素晴らしい!
フランス式庭園のバラ園の特徴は、芝をキャンパスに例え、ツゲを額縁のように用いその中に多種多様のバラを植栽し、一幅の絵画のように演出する技法なんだそうです。

15.JPG
全体を見渡せるキオスクへ。

16.JPG
パリ・バガテル公園にある『皇居のキオスク』を忠実に再現した河津バガテル公園のシンボル。
ここから見た眺めが良いように庭園が構成されています。
フランス式庭園のもう一つの特徴である左右対称の幾何学模様が一望できます。

17.JPG
はいこれ!素晴らしい

18.JPG
なんて贅沢な散歩道を歩いていたのでしょう…。

19.JPG
日陰が気持ちよく、しばし休憩。

20.JPG
そろそろこの旅行も終わりだよ?

21.JPG
ピヨは、この旅行中、笑顔がとても多かったね

22.JPG
天気に恵まれて少し暑かったってのもありますが(笑)、父母には楽しそうな笑顔に見えました。

23.jpg
船に乗ったり、ビーチを走ったり、薔薇園をお散歩したり…久しぶりの夏の伊豆、いい旅行でした。


河津バガテル公園
http://bagatelle.co.jp/

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


人気ブログランキング





期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場
posted by ゆーゆー(ピヨの育てのおかあさん) at 12:09| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。