2019年06月05日

免疫アップと抗酸化(ペットの栄養学)

「ペットのための栄養学セミナー」、ラストです。

最後は免疫アップと抗酸化のお話です。


先生が「すごく上手くなった」と文字通り自画自賛されていた犬の絵。。
「腸は外なの、わかる?」
31.jpg
私「わかりません!」
こんな感じで、堅苦しくないお勉強会です。

先生が何を言いたかったかというと、「腸は体の内側ではなく“外側”に面している」=常に危険と隣り合わせだから、「吸収するかしないかは腸が自動的に判断する」ということでした。

『腸を丈夫に(=免疫機能アップ)するには…?』

32.jpg
<パイエル板>
…あのぅ〜、私は仕事柄、免疫について人に説明することも割とあるのですが…聞いたことがない板(笑)が出てきました。
そんなもんだから、隣に座ったお婆様が話についてこられているのか心配でした

人様の心配をしている場合じゃなくて…

33.jpg
十二指腸と空腸の間にある“パイエル板”(リンパ節)を「鍛える」=「処理能力をアップさせる」ことが、免疫機能アップになるというお話です。

「鍛えるには何を与えたらいいか?」
乳酸菌、納豆菌、コウジカビなど。あげるなら夜がいいそうです。
ピヨも寝る前に乳酸菌を摂ってます。(東大病院で売ってるすごくいいやつ)
ヨーグルトはカゼインが入っているので、あまりオススメじゃないみたいです。。

『活性酸素について』
人間でもここ5〜6年でしょうか?様々な病気を引き起こす活性酸素を除去しましょう(=抗酸化)ブーム。

活性酸素の何が怖いのか?このテキストに書いてあります。雑ぅ〜!
30.jpg
じゃ、真面目に。簡単に。
活性酸素は電子を盗む → DNAが傷つく → ガンになる可能性
セミナーレポートの最初を思い出してください()。死因の1位は断トツ、ガンでしたね。

息するだけ、陽に当たるだけで発生してしまう活性酸素、どうやったら除去できるか?

「活性酸素を抑制する物質を積極的に摂りましょう!」
●抗酸化物質=ポリフェノール、アントシアニン、リコピン、βカロチン、ビタミンC・A・E、EPA、アスタキサンチン、etc.
イチゴ、ピーマン、みかん、ナス…良さそうなものをいろいろあげてみる!(イチゴは大好きだからよくあげてるけど、ピーマン・みかん・ナス…特にナスもOKとは知らなかったよー)
●酵素=SOD=もとから持っているものですが、たんぱく質が不足すると作れなくなるんです!
→たんぱく質が大事って話も最初に出ましたね。

全部つながりました。よく出来たセミナーだな〜
想像してたより専門的なのにわかりやすく、勉強になりました。
興味のある方は受講されてみてはいかがでしょうか?
個別の質問にも丁寧に答えてくれます。

34.jpg
全国飛び回っていらっしゃいますが、いつどこで開催されるかはインスタで告知していらっしゃいます。
湯淺充行先生インスタアカウント → mitsu.yua

(アレルギーを持っているとか持病などの問題で、すべてのワンちゃんにこのセミナー内容が当てはまるわけではありませんので、ご了承ください)



人気ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村







posted by ゆーゆー(ピヨの育てのおかあさん) at 12:26| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする